不安で行動できない理由は、完璧主義だから!?行動しない人の心理とは?

日差しも暖かくなり、だいぶ春らしくなってきましたね。

冬が終わりを告げ、春の気配を感じると、何か新しい事を始めたい気分になってきます。

それなのに、いざ行動しようとすると、中々始められない。なんとなく後回しににしてしまう。そんなことはありませんか?

今日は、行動できない心の奥を、堀下げて行きたいと思います。

行動できないできない理由は、完璧主義だから?


私は、毎年、春の訪れを感じると、何かを始めたくてウズウズしてきます。

けれど、いざ始めようとすると、なんとなく不安を感じ、なかなか行動に移せないのです。
ホント、思うだけで行動できない自分が嫌になります。

今年こそは何かを始める!!と意気込んだ私は、どうやったら行動できるようになるのかを聞くために、「愛」と「心」の探求者、心野博士の元を訪ねました。

 

こんにちは~。あれ、博士、メガネ変えたんですか?

 
 

ええ、まぁ。

 
 

あ!前回、似合わないって言ったから?もしかして、気にしちゃいました?

 
 

あなたに言われたくらいで、気にしたりはしません!
花粉用メガネです。

 
 

あぁ、花粉症!春らしくなってきましたもんね。

 
 

ところで、今日はどうしたんですか?

 
 

えっとですね、毎年、今頃の季節になると、ウズウズしてくるんです。

 
 

あなたも花粉症ですか?わかりますよ。鼻がムズムズしてきますよね。

 
 

いや、鼻じゃなくて!心がウズウズしてくるんです。何か新しいことを始めたくなるんですよ。

 
 

始めればいいじゃないですか?

 
 

そうなんですけど、なかなか行動に移せないんですよね。

 
 

どうしてですか?

 
 

それが分かったら、相談に来ませんよ。行動しようと思うと、なんとなく不安になってしまって。すぐに行動できなくて…。

 
 

こう見えて、あなたは完璧主義ですからねぇ。

 
 

完璧主義?え~♡そんなことないですよ~。お料理もお掃除もテキトーなんですよ~♡

 
 

いや、料理や掃除が適当なのは、想像がつきます。

 
 

ヒドイ!

 
 

ここで言う完璧主義というのはですね、何でも完璧にこなす人のことではありません。完璧にできることはやるけれど、完璧にできそうにないことはやらないの人のことです。

 
 

完璧にできることだけ?

 
 

はい。完璧主義の人というのは、できることしかやらないので、結果、完璧にでき上がるというわけです。

 

 

完璧主義の原因は、家庭環境にあり!


そう言われてみれば、そうかもしれない。
私は、昔から、できそうにないことには手を出さなかった。

・絶対に合格できるなら頑張るけど、落ちるかもしれないなら受けない。

・成功できるなら挑戦するけれど、失敗するかもしれないならやらない。

・振り向いてもらえるなら告白するけど、フラれるかもしれないならしない。

できることなら頑張るけど、無理そうなことには挑戦しない。

私が挑戦するハードルは、少し頑張れば飛び越えられそうな高さまで。

高すぎるハードルには、挑戦しようすらしなかった。

いつだって、失敗するが嫌だから。失敗が恐いから。

 

そう、恐いんです。行動しない心の奥には、恐れがあるんですよ。

 
 

恐れ?

 
 

はい。失敗することへの恐れ。できないことへの恐れ。

 
 

…確かに、何かを始めようとすると、なんだか怖くなるような気がします。

 
 

ご両親が厳しかったんですね。

 
 

はい。父がものすごく厳しかったです。まさに、昭和の父って感じで。ビシバシ育てられました。

 
 

では、失敗なんて許されませんでしたね。

 
 

はい。失敗すると、ものすごく怒られました。「なんで、ちゃんとできないんだー!!」って。

 
 

途中でやめるとかも?

 
 

もちろんです。始めたことを途中で投げ出すなんて、もってのほかですよ。
え?でも、なんで分かるんですか?

 
 

厳しい家庭環境で育った人というのは、完璧主義になりやすいのです。

 
 

そうなんですか?

 
 

はい。本来、家庭というのは、何度失敗しても許されて、受け入れられる場所です。「ホントしょうがないなぁ」と受け入れられ、見守られて育った子供は、失敗することをさほど恐れることなく成長していきます。

 
 

なるほど。わかります。

 
 

ところが、失敗を許されない家庭で育つと、失敗することを恐れるようになるのです。

 
 

確かに、失敗するのは悪いこと、ダメなこと、恥ずかしいことのように感じているかもしれません。

 
 

はい。そして、始めたことを、途中でやめることも、同じように悪いことのよいうに感じていませんか?

 
 

はい。だって、始めたことは、ちゃんと最後までやり通さないとダメじゃないですか。

 
 

それが、あなたの思い込みになって、なかなか新しいことが始められないのですよ。

 
 

どういうことですか?

 
 

「絶対に止めてはならない!」と言われたら、どんな感じがしますか?

 
 

あぁ、ちょっと重たいですね。簡単には手を出せないかも。

 
 

「いつ止めてもいいよ」と言われたら?

 
 

それは軽い感じ。止めてもいいなら、とりあえずやってみようかな、って思えます。

 
 

そうなんですよ。あなたは「何かを始めたら、絶対にやめてはならない」と感じているから、なかなか始めることが出来ないんです。わかりますか?

 
 

あ!!わかりますー。

 
 

春なのですから、もう少し軽やかに始めてみてはいかがですか?

 
 

そうですね!人気歌手も歌ってましたもんね♬
♪重いコート脱いで、出かけませんか?もうすぐ春ですねえ♪

 
 

・・・時代が

 

 

行動するためには、恐れをなくさなくちゃ?


♪もうすぐ、はぁ~~~るですねぇ♪

私は、意気揚々と、歌って踊りながら研究室を出て、ルンルン気分で家に帰りました。

・・・が、やはりイザ行動しようと思うと、何をどうすればいいのかわかりません。

長い年月をかけて作り上げられた思い込みです。

チョロッと心野博士の話を聞いたくらいで、そう簡単に変わるわけはないのです。

そこで私は、敬愛する天女様に相談しに行きました。

 

天女様。教えてもらいたいことがあるんです。

 
 

あら、どうしたの?

 
 

私、「失敗しちゃいけない」と思ってるから行動できない、ということは分かったんですけど、実際に、どうすればいいのかわからないんです。

 
 

そうよね。理由がわかったって、恐れはなくならないものね。

 
 

そうなんですよ。いざ何かやろうとすると、やっぱり恐くなっちゃうんです。

 
 

恐れがあったら、行動してはいけないの?

 
 

え!?だって、恐かったら行動できないじゃないですか?

 
 

そうかしら?あなた、登山家は、何も恐れることなく、エベレストに登ると思う?

 
 

いや…そんなことはないですよね。

 
 

F1レーサーは、あのスピードで走ることに、何の恐怖も感じないのかしら?

 
 

…感じると思います。

 
 

彼らはね、恐れがなくなったから行動しているわけではないのよ。恐れを抱きながらも、行動を起こしているの。

 
 

恐れを抱きながら?

 
 

そう。万全の体制を整えてね。あなた、恐れがあってはダメだと感じているじゃないかしら?

 
 

はい。やっぱり恐れずに行動する人の方がスゴイし。恐くてチャレンジできないなんて、ちょっと情けないというか。

 
 

恐れはね、決して、悪いことでも、情けないことでもないのよ。恐れがあるからこそ、慎重になれることもあるのだから。

 


確かに私は、恐れがあってはいけないと感じていた。

恐れがあるから、行動できない。そんな風に感じ、恐れをなくすことばかりに意識が向いていた。

登山家も、F1レーサーも、恐れを抱いたまま挑戦した。

恐れがあるからこそ、トレーニングを積み、整備を整え、シュミレーションを繰り返し、可能な限りのリスクを減らす。

万が一に備えて準備ができるのは、恐れがあるからこそなんだ。

 

そっかぁ。恐れ自体が悪いわけではないんですね。

 
 

そうよ。恐れはね、自分を守るために必要なものでもあるのよ。

 

 

恐れではなく、未来を選択する

 

 

はい。わかりました。じゃぁ、恐れがあっても行動するには、どうしたらいいんですか?

 
 

そうね。ワクワクする未来を描いてご覧なさい。

 
 

ワクワクする未来?

 
 

登山家もF1レーサーも、恐れではなく、欲しい未来、楽しい未来へのワクワクに意識をフォーカスするから、行動に移せるの。

 


もしかしたら登山家は、エベレストの山頂に登りきったときの景色を描き、充実感や達成感を感じていたのかもしれない。

F1レーサーは、最高時速で駆け抜ける爽快感や、表彰状の真ん中に立つ高揚感を感じていたのかも。

心がワクワクして、どうしても手に入れたい、そんな景色を見てみたい、と感じていたら、恐くても行動を起こすのだろう。

恐れではなく、欲しい未来を見ていたから、恐れよりワクワクが勝ったから、例えどんなに恐くても、行動せずにはいられなかったということなんだ。

大切なのは、恐れではなく欲しい未来を選択するということだんたんだ!

それは、本当に欲しい未来なのか?

 

 

もし、あなたが行動できないとするならば、その未来は、あなたにとって、それほど手に入れたい未来ではなかったという可能性もあるわよ。

 
 

え?

 
 

これまでにやろうと思ったことは、あなたにとって、恐れを超えて挑戦するほどの価値がなかったのかも。

 
 

えええええーーー!!そういうことだったんですね。

 


何ということでしょう…。軽く頭がパニクってる。
そうだ、整理しよう。整理。

新しいことが始められない

完璧主義で、完璧に出来ることしかやらない。
なぜなら、失敗することに恐れがあるから。

失敗を恐れる原因は、幼い頃の家庭環境。

恐れがあってもいいから、行動する。

恐れがあると、慎重に準備する。

恐れよりも、欲しい未来を描く。

未来を描いても行動できないのは、
本当に欲しい未来ではないから。

挑戦するほどやりたいことではなかった。

そうだったのか…。なんてトリック。

いい歳して、自分が何をやりたいのかも分かっていなかったんて…なんてこったい。

 

ショック…どうしたらいいんでしょう?

 
 

そうねぇ。この春は、やりたいことを、みつけることを始めたらどうかしら?

 
 

あぁ!なるほど。やりたいことをみつけ始める!確かにそれも「始める」ことになりますね。
いい考え~♬

 
 

単純・・・

 

 

心が喜ぶことをやっていこう!

 

やりたいことを「みつけ始める」ことに焦点を定めた私は、もう一度ルンルン気分で、心野博士に報告に行きました。

 

 

博士♪私、新しく始めることを見つけたんです。

 
 

ほう。何を始めることにしたのですか?

 
 

やりたいことを見つけ「始める」ことにしました。

 
 

あぁ、なるほど。

 
 

だから、これからは、ドンドン興味を持ったことにチャレンジしていこうと思います。

 
 

ほう、なるほど。

 
 

あまり頭で考えずに、直感でピーンと来たら、やってみようと思うんです。

 
 

ほう、ほう。

 
 

ちょっと、聞いてます?

 
 

ほう、ほう、それで?

 
 

博士!!!

 
 

は、はい。聞いてますよ。あなたは、人生で、様々な事を試してみる時期に入ったということですよね?

 
 

はい。とにかく、手当たりしだいチャレンジしてみます。

 
 

はいはい、頑張って下さい。

 
 

でね、博士。聞きたいことがあるんですけど。

 
 

申し訳ありません。私、今日はこの後、予定があるんです。

 
 

どこ行くんですか?

 
 

病院ですよ。耳鼻科に行って、花粉症のお薬を処方して頂いてくるんです。

 
 

自分で処方すればいいじゃないですか?

 
 

耳鼻科は専門外なもので。

 
 

もう少し話を聞きたかったんですけど…じゃ、最後に。好きなことをみつけるには、具体的に何をしたらいいと思います?

 
 

自分が何を好きで、何をすると心が喜ぶか、それはやっみないとわかりません。頭で考えていても、わからないのです。実際に行動し、心に聞いてみてください。

 
 

やっぱり、行動することが大事なんですね。

 
 

ええ、そうです。あなたがおっしゃった通り、まずは気軽にやってみて下さい。

 
 

やってダメだったら、やめればいいんですもんね。

 
 

その通りです。気軽に、軽やかに。失敗してもいいんですから。

 
 

そうですよね。失敗しても、怒る人は、もういないんですもんね。

 
 

はい。もう誰もあなたを怒る人はおりません。

 
 

なら、言っちゃおうかな。実は…

 
 

どうしました?

 
 

コレ。この間、歌って踊りながら研究室を出る時、博士のメガネ、踏んづけて壊しちゃったんです。

 
 

あぁぁ!!なんてことを!!!

 
 

まぁ、花粉用のメガネもあるし、当分はそれでいいじゃないですか。

 
 

そういう問題では…プルプルプル…

 
 

あっ、博士、早く病院行かないと。時間、時間。
じゃ、私はこれで。さよーならーーー。

 
 

コレ!!お、お待ちなさーーーい!!!

 

 

まとめ

いかがでしたか?行動できない裏側には、恐れがあったなんて。

一年前の私は、何かをしたいけど、恐くて行動を起こすことができない。まさに、そんな状態にいました。

そんな、情けない私ですが、この一年、興味があることをドンドン試してみました。

普段は、恐くて考えてばかりで、なかなか動けないのですが、とにかく手当たりしだいに行動してみたのです。

それは、まとまりがなく、あちこち手を出すムダだらけの行動でした。

ホント私、何やってるんだろ…と自分で自分に呆れることもありました。

何度も、「あー、もうヤダー」「恥ずかしい…」「私のバカー」と思いました。

そんな、グチャグチャの行動でしたが、振り返ってみると、そのどれも、失敗だったとは思わないのです。

あんなに行動するのが恐かったのに、不思議なものですね。

とはいえ、今だって、何かを始めようとすると、すぐに恐くなってしまいます。

そりゃそうです。心のクセは、そう簡単には治りませんもの。

きっとこれからも、動こうとする度に、なかなか踏み出せなかったり、後戻りしたくなったりすると思います。

でも、そんな時こそ、ワクワクする未来にフォーカスし、行動していけたらいいな、と思うのです^^♪

今日も、最後までお読み頂き、ありがとうございました。


よかったら、シェアしていただけると嬉しいです♪
よろしくお願いします。

フォローをよろしくお願いします。