重たい心の鎧を脱ぎ、新しい自分を取り戻しました。(お客様の声)

重たい心の鎧を脱ぎ、新しい自分を取り戻しました。

〈子供時代の家族関係が、今のパートナーシップに影響〉

自分の心と向き合うサポートを、丁寧にしていただきました。

自分の幼少期・子供時代からの家族関係を紐解いていただき、

今の人間関係、特に身近なパートナーシップとの関係につながるパターンがあることに驚きでした。

自分の心と向き合うのは、一人では難しかったので助かりました。

ありがとうございました。

〈カウンセリングを受けるきっかけ

実は、カウンセリングを受ける前は、

・カウンセリングは自分には必要がない

・カウンセリングは、うつ病とか心の病気になっている人が受けるものではないか?

という強い思いがありました。

そんな私のカウンセリングを受けるきっかけは、よりよいパートナーシップに繋げていきたい、という思いが強かったことです。

というのも、よりよいパートナーシップには、感情や共感が大切ということは、本や話からは聞いていましたが、なかなか実践に結び付けるのが難しかったからです。

例えば「感情のシェアをしましょう」と言われて感情を伝えると、

「いや、それは思考だ」と言われたことが多々ありました。

〈心にフタをして、感情を感じないようにして生きていた〉

また、私自身、心の感情にずーとフタをして生きてきたので、身近な人間関係であるパートナーシップがスムーズではなくなっていました。

夫婦間の心の距離が開く一方だなぁ~”と数年前から思い続けていました。

ちょうど、今年の夏、ミカさんの心理学の話を聞く機会がありました。

ミカさんと話をしていく中で、

「このままではよくないから、一度、自分の心と向き合うことにチャレンジしよう」

とカウンセリングを受けることにしました。

〈自分の心と向き合うカウンセリング〜重たい鎧を脱ぐ〜〉

カウンセリングを受けるのは人生初。

ミカさんのカウンセリングは、まずは、自分の幼少時代からの人間関係を紐解いていくということ。

大量の質問が数回に分けて送られてきました。

その1問ごとに、自分の心と向き合って答えていきます。

ざっくりいうと、
自分自身が幼少時代→子供時代→…と
に父親や母親とどういう関係性だったのか等です。

今までやったことがないことだったので私にとっては、すごくチャレンジなことでした。

ある時、マインドマップ(単語だけ)で発散して書いて送ったら、

「文章で書いてください」と注意を受けたこともありました。
単語だけのほうが書くのが楽だったんだと思います。

心を調整し、新しい心のパターンを取り戻す〉

幼少期から現在に至るまで、自分の心を守るために培った、幾重もの心の重たい鎧。

その心の重たい鎧があることで、心のフットワークが重たくなり、パートナーシップを含めて人とのコミュニケーションがしずらくなっていることもわかりました。

ミカさんとのやりとりを重ねていく中で、その重たい心の鎧を脱いでいきました。

重たい心の鎧を脱いだ時、心がポカーンとなりました。

人から言われたことがダイレクトにズバッと心に響く。恐怖です。

こんな心境になったことは人生初でした。どう向き合っていったらいいのかわかりませんでした。

その状態で、ミカさんに支えていただき、少しずつ自分の新しい鎧を取り戻していきました。

この作業は一人ではできません。この為にカウンセラーが必要なんだと改めて思いました。

私にとってカウンセラーとは、人の心の調整をサポートする人です。

そして今、約40年にわたって蓄積されてきた心のパターンはすぐには変わりません。
今も支えていただき、少しずつしていっている感じです。

このタイミングでセッションを受けれたことに感謝しています。

ありがとうございます。

  

N.Nさん 40代男性(会社員)

 
Name
ご感想ありがとうございました。
 
フォローをよろしくお願いします。